スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001/1/6(木) 鬼怒無月+原田仁+山本達久 @関内Stormy Monday 

今年のライブ初めは関内で鬼怒さんのライブになります。例年はギター4人による新春エレキサミットを行っていますが、今年はベースのナスノさんが遠洋漁業中でスケジュールが合わなかったという事でこの企画に。原田さんは12月にiLLのベースに参加していたようで、今回の件も含め「俺はナスノさんのトラなのか」という不服そうな言葉が飛び出る場面も(笑)。
どうやら鬼怒さんと原田さんの共演は10年ぶりぐらいみたいです。

今日はブルースロックの日と言いながら、ジャズやプログレ分も少々注入。
ブルースのカヴァー多めで鬼怒さんがボーカルを取ることが多かったですが、原田さんも2曲ほど歌っていました。他に即興や鬼怒さんの曲なども。「カントリーロック(仮)」は去年ストマンライブのリハで作ったっていう曲ですよね。

原田さん、ROVOではじっくり見る事もなかったのでこうやって見るのは2回目。原田さんのベースのボディにペンライトのようなものが付いていて、序盤では青白く光っていたけど気付いたらスイッチを切ってしまった模様。ハードプレイながらも細かいフレーズもちょちょいのちょいでやっぱり巧い方ですねー。たまに弾き語りライブもやっているそうで意外な歌声も披露。

山本さんはトークの天然具合が面白い。「ジャズはドラムソロがあるんですね」「ブルースが嫌いになりそうだ」などなど、どこまで本気なのか分からない面白発言多数でした。この手のブルースで手数多めの山本さんというチョイスが新鮮ですが、ストマンのような生音のハコでは若干パワー不足にも感じます。なんだかんだで一番ハマっていたのはSet2アタマの即興の曲かな。

ナスノさんのMCの話題もあり、書いちゃマズイような発言もチラリホラリと。いや、むしろ書いた方が良いんじゃないかという感じでもありますね。
端的に書くと、鬼怒さん「ナスノさんの事はMC以外は尊敬している」だそうです。
同じパートだと同じステージに立つ機会もないでしょうが、是非原田さんとナスノさんでベース&MC対決を見てみたいものです。

某所よりセットリスト拝借

Set1
01. KILLING FLOOR(Howlin' Wolf)
02. SPOONFUL(Howlin' Wolf)
03. BACK WOODS SONG(Gateway)
04. HOOCHIE COOCHIE MAN(Maddy Waters)
05.カントリーロック(鬼怒無月)
06. CROSSROADER(Mountain)

Set2
01. improv.
02. BLESSED(鬼怒無月)
03. 注射器(原田仁)
04. AFRO BLUE(Mongo Santamaría)
05. THEME FOR AN IMAGINARY WESTERN(Mountain)
Encore
06. GOT MY MOJO WORKING(Maddy Waters)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/346-1f3b3d00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。