FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/2/20(日) けいおん!! ライブイベント - Come with Me!! @さいたまスーパーアリーナ 

一昨年の12月に引き続き、けいおんライブです。家を出発する直前にけいおん!!20話(学園祭ライブ回)を見てギアを上げて心の準備はバッチリです。

今回の座席は200レベルのステージ正面から左寄りのほぼ最後方。フロア全体を眺められるもののステージは遠く、ステージ上の人間も豆粒だし三面あるモニターも目の悪いオイラにゃ良く見えない。しかし見える見えないよりもその場に居るという事が最重要事項なのですよ。


◆セットリスト
1.GO! GO! MANIAC
2.Listen!!
3.Oh My ギー太!! (平沢唯 / CV.豊崎愛生)
4.青春Vibration (秋山澪 / CV.日笠陽子)
5.Drumming Shining My Life (田井中律 / CV.佐藤聡美)
6.Diaryはフォルテシモ (琴吹紬 / CV.寿美菜子)
7.Over the Starlight (中野梓 / CV.竹達彩奈)
8.ウキウキNew! My Way (平沢憂 / CV.米澤円)
9.純情Bomber!! (鈴木純 / CV.永田依子)
10.Jump (真鍋和 / CV.藤東知夏)
11.寸劇
12.いちごパフェが止まらない
13.ときめきシュガー
14.Honey sweet tea time
15.ごはんはおかず
16.Maddy Candy (DEATH DEVIL)
17.ラヴ (DEATH DEVIL)
18.寸劇
19.ぴゅあぴゅあはーと (HTT生演奏)
20.U&I (HTT生演奏)
21.天使にふれたよ! (歌:豊崎,日笠,佐藤,寿)
22.ふわふわ時間(HTT生演奏)
Encore1
23.NO,Thank You!
24.Utauyo!!MIRACLE
Encore2
25.Cagayake!GIRLS
26.Don't say "lazy"
Encore3
27.桜が丘女子高等学校校歌 (出演者全員, 伴奏:真田アサミ)
28.Come with Me!! (出演者全員)


各キャラソンで参加メンバーのソロを取り上げたり、声優さんならではのアフレコ風寸劇も入れたりと前回のライブを踏まえつつ、今回特に目立った演出は中盤のセンターステージでのパフォーマンスでしょうか。

部室が使えないから練習場所を探すという紙芝居的なアニメーションを流し、扉が立ち並ぶ迷い込んだ廊下である扉を開けると…リアル5人がアリーナ席のフロアに登場。そのままプロレスリングのような正方向のセンターステージで進んで行きます。遠目で真ん中にステージらしきものがあるなぁと思ってたけど、アニメーションを差し込んで登場するとは。これは面白い演出で気持ちも高揚しました。

ここでは放課後ティータイムとして4曲程度の披露でしたがそれでも十分。そもそも楽器のプレイヤーでない5人だから弾き真似だろうとパフォーマンスを360°角で見せるというのは難易度が高いと思いますが、周囲のオーディエンスを煽りながら楽しそうにステージを駆け巡る姿はとてもかわいい。
ムギ役の寿さんはスタンドにセットしてあるキーボードとショルダーキーの2つを使い分けて動き回っていたけど、ドラマー律ちゃん役の佐藤さんは中央のドラムセットに張り付きなのが若干不憫かなと思ったり。

その後のDEATH DEAVILはいっぺんに場の空気を変えてライブのいいところを持っていきます。ほんまもんのメタルと遜色ない楽曲で、ジャーマンメタルが好きだったオイラにはご褒美みたいなもんですよ。さわちゃん役の真田さんとクリスティーナ役の浅川さんのツインギター(振り)をフィーチャーして会場中にヘドバンが起こりそうな勢いでした。

そしてアフレコ風寸劇では、ひらがなでかわいい字はなんだ、逆に漢字にしてみたらどうだと、スクリーンに「鎖輪固」や「六区」など表示されて笑いを誘います。アニメ同様にしょーもない内容の会話劇で、登場してすぐさま「ひらなががかわいいって盛り上がってたんだよ」「そうなんだ・・・じゃぁ私は生徒会室に行くね」という和ちゃんの随所に光る突っ込みが一番良いとこを持っていったような気もします。

そして再び放課後ティータイムのターン。ここでメンバーの生演奏タイムがやってきます。前回のライブに引き続き今回も一番の功労者はベース澪役の日笠さん。楽器経験が無いだろうにレフティの指弾きにボーカルまで担当なんて結構な無茶振りにも関わらずしっかりとやりきっていましたからね。最初の「ぴゅあぴゅあはーと」は彼女がメインボーカルだから相当緊張した事でしょう。若干歌がお留守になってる感はあったものの、日笠さんを含めた5人の熱演に胸が熱くなります。すごく一生懸命な姿でちょっとミスしようと心の中で「頑張れ!頑張れ!!」って必死にエールを送ってましたよ。ギター豊崎さんとキーボード寿さんは楽器経験者のもあって演奏を支えて余裕すら感じました。U&Iが特にすっげー良かった。

オイラの大好きな曲「天使にふれたよ」はあずにゃん役の竹達さんは一旦抜けて、演奏はバックバンドに任せて3年生チーム4人で歌います。ここでスクリーンにアニメのハイライトシーンが次々に映しだされ、アニメ本編でこの歌を披露した場面とシンクロするのはかなり反則。この演出にかなりヤラれちゃった人多かったと思います。

アンコールでは、二期2クール目のOP・EDに懐かしの一期OP・ED。そしてさわちゃん先生のピアノ伴奏による校歌をオーディエンス共々合唱して、キャラソン全員の共通ソング「Come with Me!!」で大団円という流れでした。
本編だったか何度目かのアンコールだったか、一旦ステージを引く時に泣きじゃくる竹達さんを頭ぽんぽん叩いて手を繋いでステージ脇に連れて行く佐藤さんの姿が部長の律ちゃんとても被ったのも印象的でした。

全体的に前期のライブよりもレベルアップしていてとても良いショウでした。楽しみにすればするほどライブに対するハードルが上がっていくから、本番を迎えるまで多少の不安もありましたがそんなモノは吹き飛んでいくぐらいの期待以上のライブだったかな。

特に「GO! GO! MANIAC」や「Utauyo!!MIRACLE」といったOPの電波ソングを見事歌い上げた豊崎さんに敬服です。ぶっちゃけテープ使ってるかと思ったぐらいですよ、相当練習して来たのだろうなぁ。「Utauyo!!MIRACLE」ではOP映像と同じようにぐるぐる回っている人が意外と少なくてちょっと肩すかし。オイラが今回のライブで一番楽しみにしていた場面なんですよ、ここ。

そして「Utauyo!!MIRACLE」のオーラスの部分、「大好き 大好き 大好きをありがとう」という一節を、声優さん達もオーディエンスもあの場にいた全員が同じ想いで合唱した場面が本当に胸にきます。そこだけでも完全燃焼。
そりゃ確かに一期の曲がほとんど無かったとか不満も無い事はないけど、それは本当に些細な事で。
ステージに登場した方々と集まったオーディエンスとあの場にいた全員で作り出す空間に、得難い体験が出来て感無量でした。

映画は今年の年末12/3から。唯たちが高校に在学中のストーリーだそうです。原作のアニメ化していないエピソードか(りっちゃん彼氏疑惑回とかね)、完全オリジナルで例えばライブハウス回再びとか、想像するだけでわくわくしますがこのアニメスタッフなら期待して損はないでしょ。けいおんライブもまた来年と是非期待したいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/357-4d303a95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。