スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/20(日) 吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション / DCPRG @新宿PIT INN 

2011/03/20(日) 吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション / DCPRG @新宿PIT INN

3/11に起こった震災で会社も自宅も物理的な被害は無かったものの、地震直後はのんきに「今夜のROVOは大丈夫かな~」と考えていたらライブは中止、その日は自分も電車が止まって帰れない状況に。
そして週が空けてからも停電の影響で電車の運行状況や会社の勤務対応も日替わりで変化していき落ち着かない日々を過ごしていましたが、今週から仕事はとりあえず平常運転といったところでしょうか。まだ予断は許されない状況ですが少しずつ日常が戻ってきたような気がします。

そして震災後はじめて行ったライブがこれ、「I love Poo/ 菊地雅章ベネフィットコンサート」の昼の部。
NYで闘病生活を送る菊地雅章さんを応援しようという趣旨で本田珠也さんの呼びかけで開催されたライブです。まだ電車運行が不安定で夜の遠い外出は避けているのですが、昼ならばと久しぶりに上京してみました。震災の影響で客足は鈍るかなと思いきや満員御礼の大盛況ぶり。

菊地雅章さんのライブは過去に一度、ジョシュア・レッドマンが出演していたスタジオコーストのオールナイトジャズイベントでSlash trioを観たっきり。「susto」は以前DCPRG流れで購入したけど、slash trioはそこからは想像も付かないフリージャズで、しかもドラムが吉田達也。フリージャズで吉田さんというと不思議な感じですが、そのスタイルは至っていつもと同じで笑っちゃいました。

今回のライブもslash trioのメンバーで雅章さんの甥でもある菊地雅晃と吉田達也を軸にしたセッション。他のメンバーは藤原大介、松村拓海、坪口昌恭。
吉田さんは相変わらず手数は多いけどシンプルにビートを刻む場面や他の演者のソロの時には抑えたドラミングで、プログレやっている時とは一味違いましたね。基本的にソロ回しをメインとした演奏でしたが、譜面が用意されててサックスとフルートがユニゾンでメロディを奏でる場面もあり、大枠の展開は決まっていたのかな。
フルートが入った編成を見るのは個人的には珍しく、坪口さんのキーボードの音色も良いアクセントになっていて面白かったです。
ただ昼間からちょっと飲んでいたので気持良く、半分ぐらいくくぅ~と寝落ちしてしまいました、スイマセン。フルートの音が妙に心地良いんですよね。

セットチェンジ中に成孔さんのMC。今日は持ち時間短いからMCも無いかなぁと思っていたのでこれは嬉しい。
いつも通りの軽妙な語り口で
「菊地姓ですが菊地雅章さんとは関係がありません」
今までご親戚だと思ってましたスイマセン。
「I love Pooじゃなくてどう考えてもWe love Pooだろ」
「1983年に中野サンプラザで菊地雅章さんのコンサートを見ました」
「sustoとはスペイン語で突然やってくる恐怖、英語でいうとPanic」
「非常に難産なアルバムで、その難産ぶりはライブにも現れていて「circle line」は演奏は開始されたけど誰も演奏出来なかった」
「俺は将来絶対にこの曲を演奏してやるぞ、と心に決めた」
「菊地雅章さんの曲を10年以上にわたって演奏し続けているのは銀河系で我々だけ」
という相変わらずなMC。

正式メンバーのギター大村さんはマーティ・フリードマンのツアーで参加予定でなかったので(それもキャンセルになったようですが)、野音と同じく元ジュディマリのTAKUYAがサポート参加。
「susto」収録の「new native」をマッシュアップしたという「PLAY MATE AT HANOI」と「CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE」のお馴染みな2曲を演奏。

野音の時と比べて全体的にまとまってきた印象。野音の時は見えなかったのもあってあまり目立ってなかった丈青が結構弾いてたし、その分坪口さんは効果音や低音的なパートに回る事も多かったし、二人の役割分担がうまくハマってきた感じ。
終盤では坪口さんとTAKUYAがフロアを煽って沸かせてニンマリする場面もありましたが、TAKUYAの弾きまくりギターソロタイムが無かったのがちょい残念だったかな。
狭いPIT INNで見るDCPRG、非常に濃い空間でした。HARD CORE PEACE部分の突き抜けるところが今の自分のもやっとした気分を吹き飛ばしてくれたかも。良かったです。
やっぱりホーン隊の音の軽さが気になってしまうけど、このメンバーでのアレンジも良い感じになってきたので早いとこ新曲にも期待したいですね。

アーティスト達の自分の出来る限りをプレイしブレないスタイルにちょっと勇気づけられた気がします。ライブ見に行けて良かった。

■吉田達也・菊地雅晃 インプロ・セッション
吉田達也(Ds), 菊地雅晃(B,electronics), 坪口昌恭(Org,etc), 藤原大輔(Ts), 松村拓海(Fl,B-Fl)
01. Improv

■DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
菊地成孔(key,Conductor), 坪口昌恭(key), 丈青(key), アリガス(B), 千住宗臣(Ds), 田中教順(Ds), 大儀見元(Per), 津上研太(Sax), 高井汐人(Sax), 類家心平(Tp), TAKUYA(G)
01. PLAY MATE AT HANOI
02. CIRCLE/LINE~HARD CORE PEACE

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/358-a218e628

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。