FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/1/9(日) 吉田達也新春叩きっぱなし @吉祥寺MANDA-LA2 

新年恒例の吉田さんによる叩きっぱなし企画ですが、今年は吉田さん生誕50周年のお祝いを兼ねてのライブになりました。
この企画に行くのは2007年以来ですが、椅子が横ギッシリ並びじゃなくてテーブルを囲むスタイルだったので以前よりは客入りは落ち着いたのかな。それでも立見が出るほどの大盛況。

ゲスト陣は、勝井祐二、ホッピー神山、内橋和久という強力な布陣でset1は若い順にデュオ形式での演奏になります。

勝井さんは20年前に吉田さんと共演した事を覚えており、その時の吉田さんはワウペダル一個持参して、マイクにワウを通して「ワウワウ」と言っていたとか。ワウかけてるからって「ワウワウ」言わなくても良いのにっていう話で場内爆笑、吉田さんはその時の事は覚えて無い様子。

吉田さんは相変わらずの千手観音のような怒涛のプレイで圧倒。デュオの際にはベースのような音をサンプラーから出してガツガツと叩いていました。今回の共演者は三人ともループやディレイをガンガンに使うタイプの演者だったので、変ちくりんなプレイも十分に楽しめました。

勝井さんはヴァイオリンをガンガンに弾き鳴らすというよりはサンプラーやエフェクターを使って音作りに気を遣っていた印象。吉田さんとのサンプラーインプロな場面もあり、ROVO等とはまた違ってガンガンに弾くだけでなくこういう即興的なプレイも新鮮です。
途中機材トラブルでアンプから音が出なくなり、隣の内橋さん用のアンプにチェンジする場面も。

ホッピー神山さんはキーボードの他にアナログテープを使ったサンプリング機材も用意しており、その中に円盤型で手をかざすと音が鳴るテルミンみたいな機材があったのが面白かったです。あれはどういった機械なんだろうな。吉田さんとファルセットボイスで交互に歌う場面も。マグマというかアレアというか。
大文字のようなシンフォニックな展開ではないけど、プログレちっくですね。

内橋さんは言わずもがないつもと同じスタイルで、水を得た魚のようにエフェクターを駆使したプレイ。連日行われている某芝居のストレスも溜まっていそうですね。ともかく、素早いエフェクター捌きに惚れ惚れです。

set1は80分近い長丁場で、本来祝われる立場の吉田さんの酷使っぷりが凄いですが、これこそミュージシャン冥利に尽きるってヤツでしょうか。

前の席で見ていたので右手のギターアンプの音が直撃して耳がじんじんと痛い。終演後も耳の復活まで時間がかかりましたが、外音はどうだったんだろうなぁ。
アンプトラブルでブレイク中に勝井さんのアンプをベースアンプに変更。出音にはさほど影響は無かったと思います。

Set2は全員でのセッション。全員で楽器を弾かないでエフェクターをいじっている場面を想像してそんなシュールな展開も期待しましたが、吉田さんはサンプラー使わずドラムのみ。内橋さんと勝井さんのエフェクター使いな場面はありましたが全員でエフェクタープレイという場面は無かった、ちと残念です。


終演後は、客で見に来ていた情事さんと勝井さんが話しこんでいたので、今年のゲストライブはもしや勝井さん?なんて邪推な事を思ったり。サーディンにヴァイオリンが入るのは今までのゲスト陣とは異なる趣きで興味深いけど、個人的には内橋さんが曲を知らない状態で参加してピーガーキュルキュルやる場面を見てみたい、なんてね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/360-10d33b88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。