FC2ブログ

2011/10/8(土) 彼岸の此岸 @横浜プロムナード - NHK横浜放送局 

メンバー:
吉野弘志(B), 太田恵資(Vn), 鬼怒無月(G), 吉見征樹(Tabla)

横浜のジャズフェス・プロムナードの一環でフリーライブが行われるという情報を当日の朝に知り、時間の都合も付いたので関内まで足を運んでみました。彼岸の此岸は横浜ドルフィーのスケジュールでよく見掛けて興味があったものの未体験だったのでこれは良い機会でした。

整理券配布時間をちょっと過ぎた頃に会場へ到着すると既にかなりの列が形成されていて、客層はだいぶ年配な60~70歳の方々が大半。おそらくプロムナードの客層なのでしょうが、普段どのライブですら見掛けないような普通のおじちゃんおばちゃんばかりでちょっとびっくりです。
こちらのフリーライブはFMで生放送されるようで、司会者の自己紹介と簡単な説明を受けてオンタイムにライブスタート。

トルコやアラブ等の民族音楽がメインなのは、同じく吉野さんのバンドnbaba trioと同じような選曲ですかね。中近東方面の民族音楽をメインに演奏するジャズマンはそうは居ないので、こういった選曲も面白いなーと思います。
ラストに演奏していた吉野さんオリジナルの「竹」はnbaba trioで演奏していた記憶あり。中盤では吉見さんのタブラソロ&ボーカルを取る場面もあって、編成の違いでアレンジもかなりインド仕様に変わっていると思います。これはnbaba trioのヴァージョンと聞き比べしたいですね。

旋律を流れるように演奏する鬼怒さんと太田さんのお二方のスタイルが楽曲のメロディにとても合っています。前日のライブでホーミーを魅せてくれた太田さんは今回はアラブっぽく歌ってました。
吉見さんはおそらく床に座っていたと思うので客席からは全然見えず。椅子エリアより後方にはモニターが付いていたので、そっちの方が演奏している姿は見えただろうな。

司会者の「ジャズの祭典のスタートでタブラが流れて驚きました」的な発言に対して「そうかもしれないけど、自分達にはこれが当たり前、スピリッツはジャズで形は自由。」「ジャズのスピリッツとは好き勝手にやる事、権威に負けない。」と答える吉野さんかっけー!でした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/372-906a6bbd