スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベン・トーのサントラに吉田達也氏が参加しているよ 

30歳前後にアニメも嗜むようになったダメな大人のオイラですが、今期放映している「ベン・トー」のサントラの参加者を見て驚愕。

TVアニメ「ベン・トー」公式サイト | 商品情報


参加ミュージシャン
ピアノ/シンセサイザー/プログラミング:岩崎琢
ドラムス:吉田達也
ギター:今堀恒雄
トランペット:YOKAN
アルト&テナーサックス:山本拓夫
ソプラノサックス:松原孝政
アルトサックス:有村純親
テナーサックス:松井宏幸
バリトンサックス:東涼太
ヴォーカル:小倉信哉、小宮一浩、吉田達也



新宿PIT INNや秋葉原Goodmanへ通っている方でしたら一目瞭然だと思いますが、
吉田達也!今堀恒雄!こんな所で何やってんの~!?
今堀さんは過去に坂本真綾や最近ではYUKIのバックで弾いていたりとJ-POPに親和性の高い方というのを最近知ったばかりでしたが、ここで吉田さんですか。しかもボーカルにも参加ですよ。えぇぇ~と驚きと共に笑うしかありません。あのファルセットボイスがアニメの中で炸裂しちゃうかも!


とまぁ、ベン・トーのサントラ参加にちなんで吉田達也氏が初期に参加していた「あぶらだこ」に焦点を当てた以下のエントリーを読みまして、それにインスパイアされた形でプログレ界隈の吉田さんを紹介して行きたいと思います。

ポップな絵とアヴァンギャルドな音の異色の食べ合わせ - 「ベン・トー」のBGMを味わおう! - さよならストレンジャー・ザン・パラダイス


さてさて、吉田達也氏といえば、日本が誇るスーパードラマー。特にプログレ、即興界隈でこの人有り!なドラマーですよね。
オイラも吉田さんの膨大な経歴の中の一部しか体験していませんので、自分の知っている範囲からご紹介します。
※吉田さんのサウンドに触れて5年程度の新参なので、間違っている部分や足りない箇所があったらごめんなさい。


どのバンドにも共通しているのはドラムスタイル。隙間を埋めるようにとにかく叩く叩く、そのスティック捌きはまさに千手観音の如くです。そして同バンドのメンバーの音数も恐ろしいほど多く、吉田さんから渡される楽譜は音符で真っ黒だという話です。
そんな音数や変拍子なリズムなのでライブでは聴いているこちらもかなりパワーを要します。が、これがまた不思議と踊れるサウンドで、ライブではジッと座っている方が多いですが勇気を持ってスタンディングで踊ってみましょう。新しい世界が広がる事に違いありません。これであなたも変拍子の虜ですよ。

それでは、吉田さんのリーダーバンドをいくつか紹介したいと思います。


数あるバンド・ユニットの中でオイラが一番通っているのは「是巨人」。
ドラム吉田達也氏をリーダーとした鬼怒無月(g)とナスノミツル(b)による最強トリオのプログレバンドです。
イギリスの「This Heat」と「Gentle Giant」の二バンドから名前を取ったようですが、その演奏内容が両バンドにインスパイアされているのかは不明、というかオイラが知らないだけです。ゴメンナサイ。

変拍子・拍子チェンジを多様とした超絶怒涛のプログレバンドで、まさに変拍子は正義!ハイスピードで駆け巡るポリリズムなメロディから三者ユニゾンに揃う場面などは鳥肌ものです。


また1フレーズぶつ切りでパッチワークのように継ぎはぎした「Yesメドレー」といったユニークなアレンジも吉田さんの魅力の一つ。



そして、歌ものというと真っ先に思い浮かぶのが「高円寺百景
フランスのMAGMAにインスパイアされたバンドという事ですが、実際歌われている言語がコパイア語なのかは分かりません。ファルセットボイスを多用したボーカルというとイタリアのAREAも彷彿させますね。女性メンバーが多いので見た目華やかですが、音はテンションが高く管楽器の音数の多さなども極悪の部類です。
こちらのメンバーはボーカルの女性などマメに変わっているようですね。



吉田さんのキャリアの中で一番有名であろう「Ruins
オイラは「Ruins Alone」というソロ形態しかまともに見た事がありませんが、aloneですとバックトラックのサンプラーを流しながら独り叩きまくり、時には例のファルセットボイスで歌うというユニット。
こちらもその時々で形態やメンバーを変え、様々なパターンでライブを行っておりますね。



あとオイラが是巨人と同じぐらい大好きで、某レーベルの社長に「ドリームバンド」と言わしめた「World Heritage」。日本語訳で世界遺産です。是巨人メンバーにROVOの勝井祐二(vn), 山本精一(g)を擁した5人組のバンドです。
こちらはメンバーが多忙なせいか年1,2回程度しかライブを行いませんが、是巨人のパワフルな演奏に浮遊感溢れるROVOテイストが加わり、まさに最強バンドに相応しい。



また「大文字」というホッピー神山さんのシンセをフィーチャーしたシンフォニックなプログレバンドもありますね。元々戸川純のバックバンドだったのが戸川さんの遅刻で、三人で演奏を始めたのがきっかけ。当初「インプログレ」という名前だったそうですが某レーベルの社長のウケが悪くて大文字に改名したとか。


また同じくサントラに参加している今堀さんとデュオで「Dots」というアルバムを出しています。ポリリズムを得意とする今堀さんのギタープレイと相まって、こちらもかなりいかついサウンドに仕上がっています。こちらはライブ未体験なオイラ。新作を作るタイミングじゃないとライブはもうやらなそう。


これらは主に吉田さんリーダーバンドでプログレ分が多いのですが、他には多国籍なサウンドの「シカラムータ」やフリージャズの「菊池雅章slashトリオ」など様々なジャンルのバンドにも参加しています。
即興では、ギター内橋和久さんとのデュオ「超即興」やドラマー外山明さんとのデュオもありますし、最近ではメンバーが岩手県出身者の「石割桜」など新しいユニットも増えているので、そのキャリア全てを網羅するのは至難の業でしょう。と言ってもさすが世界広しで、毎度では無くとも吉田さんのほとんどのバンドを追っている方がいるのも事実。→ TAKE's Homepage

オイラが初めて吉田さんを見たのは横浜ストーミーマンデーという約40人が定員の小箱での「是巨人」。至近距離で見る吉田さんのドラミングにおくちあんぐりでした。あと印象に残っているショウは即興系のライブで「Sunshine of Your Love」と「太陽と戦慄パート2」をトリオ×2で同時演奏するという無茶ぶり。発想がアフォとしか思えません。


で、ベン・トーに話を戻します。
一言で説明すると、スーパーの半額弁当争奪戦をするってだけのアニメです。これを見ていると妙にお弁当やどん兵衛が食べたくなるので困ったものです。

※ニコニコチャンネルで無料配信分がありました。
ベン・トー - ニコニコチャンネル

肝心のサントラはと言うと。
戦闘の場面ではテンションの高い管楽器の音楽。高円寺百景のソプラノサックスのパートがバスに変わったようなサウンドは紛れも無く吉田さんじゃないですか。怪しいボーカルも入っているしドラムも叩きまくっていますね。そんな怪しい音楽に対比してボコーダーをかけた普通にロック調の曲も揃えているのが面白い。

また、知人よりタレコミで「Battlesに似ているよ」との情報があったので確認してみると、確かに2話OP後の本編冒頭の音楽がBattlesの曲に似ている。なるほど。



紙一重でドン引きになる危険性も持ち合わせるアフォなユーモアさと、一歩間違えばお笑いにも取られかねないバカみたいな叩きっぷり。まさにこの二つが吉田達也氏の真骨頂でありますが、これは半額弁当に命をかけて死闘を繰り広げる「ベン・トー」の世界観に似ているのではないかと。そのアフォみたいな設定の中でも登場人物達は真摯に向き合っているのですよ。
単に弁当を取りあうだけなので難しい設定などを覚える必要なし、ただ頭を空っぽにして楽しめる。これは吉田達也氏の情報量が多い演奏で逆に頭が空っぽになり集中するのに近いものがあるんじゃないかな。
おぉぉ、吉田さんの演奏とベン・トーにこんな共通点が!(無茶ぶり~~)

オイラが好んでライブに足を運ぶ音楽界隈でもアニメ音楽に関わっている方は色々おりますが、とうとう吉田さんも参加されるとは胸熱です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/374-38c15365

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。