FC2ブログ

2011/10/25(火) Sardine Head w/ 佐藤研二 @渋谷クロコダイル 

毎年恒例のSardine Headのゲストシリーズですが、今年は元マルコシアスバンプのベーシスト佐藤研二さん。佐藤さんは過去に3回ほど見ています。
2008/9/3(水)Kunzu Hogurezu, 2008/7/15(火)D.I.R.E., 2011/12/29(水) ERA SPECIAL SESSION
いずれも佐藤さん自身のバンドではないもののよく喋りよく弾くイメージでしたので、今回のライブも楽しみなところでした。

Set1はSardine Headのメンバーだけの演奏。「River the Wild」の中間部が変な事になっていて、相変わらずのユーモアなアレンジ具合です。


R0011093.jpg

Set2は佐藤さんが入ってインプロ風な導入から「Shuffle」へ。そういえば、ゲスト入りの大抵の場合はShuffleから始まっているような気がします。

R0011100.jpg

以前ゲスト参加したナスノさんもMCはいつもの調子で喋りはなかったので、佐藤さんもあまりMCを取らないかと思っていれば、先導して誰よりもよく喋る。そのトークの中でクリームのベーシストのジャック・ブルースに対する思い入れが十二分に感じ取れました。
オイラはマルコシアスバンプも音は全く知らず、佐藤さんの演奏はインプロ系でしか見た事が無かったのですが、ジャックブ・ルースの影響がとても濃い方のようですね。左手の白手袋の由来はちょうど聴き逃しちゃって無念であります。ともかくMCでもサービス精神旺盛なお方で芸人のようですよ。

クリームの「Politician」のカヴァーでは佐藤さん自らボーカルを取りフレッドレスのベースでプレイ。同じようなSGのベースが二本用意されていたのは、フレッド有りと無しの差だったのね。「まさかサーディンがクリームを演奏するのを見れるなんて」と某兄さんが感極まっている姿もニヤニヤものでした。
別の曲でもSmoke on the waterやSunshine of Your Loveのフレーズを挟み込んだりと、佐藤さんは自由に楽しく弾いていましたね。

R0011101.jpg

序盤はステージ間近から見ていましたが、ベースの運指が気持ち悪いぐらい動いて音数多い。合間合間にポーズを加えたりと演奏中にもお笑いを取るのも忘れず、めっちゃ笑顔で弾いている姿がとても印象的。
みんなでダブルピースで終演、という何とも楽しい場でありました。

22時半前にはアンコール突入だったので余裕で終電間に合うと思っていたのに、思いのほかアンコールのMCが長くて終演後に急いで駅に向かうのでした。サーディンのライブでこんだけMCがあるのも珍しいですが、楽しいライブでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/375-d8136884