FC2ブログ

2004/12/25(土) 菊地成孔クィンテット・ライブ・ダブ他 @ 恵比寿リキッドルーム 

12/25(土) Koolhaus of Jazz@リキッドルーム恵比寿

 イヴのボアに引き続き、クリスマス当日もライブへ。こんな時期にオイラってかなり寂しい人間なんじゃないか・・・、と自問自答しつつ仕事をサクっと終わらせ恵比寿へ移動。
 ロッカーがある2Fのフロアでカッコよい音楽が流れていて「なんだろーコレ」って思っていたら、どうやら演奏中のVincent Atmicusだった模様。
 ココってライブでやっている音が流れてるんだ!初めて知った、というより今日だけ?これならチケ代払わなくても上でビール飲みながらライブの音を堪能できるな。


 下へ降りるとどうやらVincent Atmicusが始まったばっかりっぽ。ステージが全然見えなくて後ろをウロウロしてたんだけど、ROVOっぽいバイオリンの音がする~と思ったら勝井さんご本人だし。
 芳垣さんのバンドだって事は前々から知っていたんだけど、勝井さんと岡部さんまで在籍しているとは。ROVO衆3人もいるんだー。
ステージ上のセットもドラムが前面に出ていて、両脇にヴァイオリン、後ろにホーン隊。コレまた珍しい立ち位置だな。
 肝心の音は非常に形容し難いのですが、ROVOみたいにスペーシーでアゲアゲなトランスではなく、もっと渋くてフリーな感じ。
 でもROVO特有の2ドラムの微妙なズレ具合はこちらでも発揮。そしてハードロックのギターソロのような、これでもかってほど歪んだ音色でのバイオリンのソロがかっこいいッス。
踊れるバンドではないけど、思いの他カッコえー。これはまた観てみたいです。

 Vincent Atmicusの後はDJ KRUSHが約1時間ほどDJプレイ。さほど興味がないので、一旦ライブスペースの外へ出て休憩。そろそろ終わるかな~と思って中に入るもののまだまだプレイ中だ。人がギッシリ埋まっていて人気者なんスね、DJ KRUSH。和音階っぽい音作りやなーと思ったら、一番最後のナレーションに笑った。この人はいつもこんなプレイなんでしょうか。

 そして本日のトリ、菊池成孔クインテット・ライブ・ダブ+カヒミ・カリィ。
 10時頃に演奏スタート。後方の階段の段差の所で観てたので、ステージ上が一望できる。ナイスポジションだぜ。通路だから邪魔なんだけどね。通行人の皆さんゴメンナサイ。
 オーバー・ザ・レインボウからスタート。右にクッと上げてから吹くサックスの動作がDCPRGでの指揮っぽい。一音出してはブレイク、と焦らして中々曲に入っていかない~。
 お母さん、オイラはツカレタよ。
 途中から登場したカヒミさんもフランス語の朗読から始まり2曲か3曲ほど参加してアッサリと退場。今日のカヒミさんも素肌ジャケではなかったけどセクスィーでした。
 オイラはダル眠い・友人は風邪でダルダルだったので、結局30分ほど観て帰ってしまいました。
 なんつーか、最後のバンドがコレってちとキツイかもしれん。本日は不協和音ギリギリのプレイが多くてあんまメロディーが無かったように感じるしね。

 中途半端で帰ってしまいましたが来年はブルーノートでもやるそうなので(敷居がたけーよ)、楽しみといっちゃ楽しみ。あの手のバンドはイスに座ってマターリ観る方が合ってるかもしれんです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/38-203f26e4