FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/12/25(日) ももいろクローバーZ - ももいろクリスマス2011 さいたまスーパーアリーナ大会 @さいたまスーパーアリーナ 

普段は並んでまで物販購入する気力はそう無いんだけど、限定シングルときちゃ買わざるを得ないでしょ。後日キングレコードのサイトで通販もあるけどシングル1枚で送料・代引き手数料で+1000円取られるのはうまくない。
よっしゃ頑張りますかーっと会場の様子をTwitterで窺いつつ14時半に物販並び。売り切れないか冷や冷やしながらも約90分でミッションコンプリート。16時半ぐらいには完売してたそうなので、入手出来て本当に良かった。

隊長と合流して開場時間16時半にゲートに並ぶも一向にオープンせず、日が暮れる中で結局1時間待ち、17時半過ぎに入場してもロビー待機。これなら外でゆっくり一杯引っ掛けても良かったな。先日のあやひといい、最近こんなんばっかりです。
お昼は食いっぱぐれてカレーパン一個食べたっきりなので、場内のKFCのハンバーガーに惹かれるも、500円出すのはバカらしいと我慢。しかし、ここで食べておけば後々の体調不良は避けられたかなぁ。

さて、スーパーアリーナ。前回ここに来たのはキャパ3万オーバーのけいおんだったので、アリーナモードの200Lvリミットは随分小さく見えます。横浜アリーナより一回り小さいですね。400Lv階層は天井で隠れていたので、天井も可動式なんて凄いなぁ。これで大体1万人規模らしいです。ステージ正面・PA裏の9列目だったので、なかなか見易い席。出音も良かったや。

結局スタートはそのままスライドして1時間押しで18時半にスタート。
実際には約10分前に、PA横に設置された実況席にいる矢野アナウンサー、マネージャーの川上さん、南海キャンディーズの山ちゃん、バナナマンの5人の姿がスクリーンに映し出されて、プロレス的な演出でトークが始まります。

よみうりランドではモノクロ団と戦うももクロでしたが、今度はスクリーンに映し出された悪魔の目玉みたいなモンスターと好戦して選手入場のご紹介。
Overtureもスペシャルヴァージョンで太鼓の音から始まり、長尺でこちらもスクリーンのLED映像とももクロの動きがシンクロする演出。レーザーなどのライティングがど派手で素晴らしく、テンションが上がります。

ステージ左右に設置された巨大スクリーンに、会場の左右と正面にステージを映すスクリーン。LEDの数も半端なく、お金のかけ方にも今回の気合の入れようが見えます。
ワタクシ3月からの新参ファンですが、この大掛かりな演出のオープニングだけでも「やれば出来るじゃねーの!」と感慨深くなりましたわ。

衣装替えなどのタイミングで重大発表やメディアの宣伝、実況席のトークやグレートムタよろしくグレートクローバーZといった演出はあったけど、よみうりランドのような小芝居が無かったのが良い。途中ぐだぐだになる事もなく、こんだけ曲メインで勝負してくれると嬉しいですね。

今回は被せ一切ナシの生歌オンリーだったので、さすがに歌下手だな~て思ってしまうけど、そこも個性の一つでご愛嬌って事で。サビで5人の声が重なるパートは「あぁやっぱり生歌良いな~」って思います。そのうち「あの頃は下手だったね~」て笑い合える日が来る事を願って。

「words of the mind」のももか手袋発射台、「Chai Maxx」のサウンドに合わせた炎の演出、「サンタさん」のれにちゃんのしおりんによる人体切断マジック(定番過ぎて細かいネタは分からずともオチが分かるので微妙に盛り上がりにくい・苦笑)、新しいバラードソング「白い風」、ゴンドラを使って会場を一周した「ももクロのニッポン万歳!」など、ももクロにとって新要素もふんだんに盛り込まれたショウでした。

アンコールでは、1月からの新アニメのOP曲、猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」。スペースオペラ的要素はあやひの「キグルミ惑星」の二番煎じになってしまっているけど、ステージ後方の100人聖歌隊が迫力満点。
そしてここでもう一つ、曲の中盤でマーティ・フリードマンがセンターステージに登場!おぉぉぉぉ!!どんだけサプライズ仕込んでいるんだよ!12/23のNHK-FM「女性アイドル三昧」に出演しておいて、この日の「メタル三昧」には出演してない事がまさかフラグになっていたとは!
そのまま「行くぜっ!怪盗少女」にもマーティはギター参加。ただこの時は一旦後方に下がって、ももクロメンバーを前面に出した方が良かったようにも思えます。
生音が一つ入るだけでも迫力が変わるので、いつかももクロの生バンドライブも見てみたいですね。

オーラスは「あの空へ向かって」。今までずっと見たくて見れなかった曲で「世界のももクロ№1」という名物コールをこの会場で出来た事がとても嬉しい。ちょっと吹っかけ過ぎだろ~と思うコールですが、このまま快進撃を続けてどこまでも高みに登るように、そのうち具現化しそうなそんな願いを込めて精一杯コールしましたよ。うんうん。
スクリーンで今までの映像が流れ、この一年があっという間に過ぎ去り、そして一回りも二回りも大きくなった事に実感してホロリしそうな気分でした。

このアンコールだけでもご飯三杯いけちゃう充実感。
そして、あの空間の1万人が熱狂し心を一つにしてチャイマの振りや怪盗少女のエビ反りジャンプで皆ジャンプする様子は(オイラはしなかったけどねー、あの場面はジャンプするよりステージを凝視したいんよ)、過去のPerfume武道館で感じたような会場の一体感や多幸感を彷彿させます。全編通してファンの想いもメンバーの想いも一緒になってギュッと濃縮したような幸せの空間でした。あの場にオーディエンスの一員として参加出来たのは素直に嬉しいです。

個人的な反省としては、「サンタさん」辺りから貧血で具合悪くなって、立ったり座ったりを繰り返し「ココ☆ナツ」や「オレンジノート」はまともに見れなかったのが悔しい。終盤は体調も持ち直したので良かったけど、落ち着きなく周りの人も不快に思ったかもしれんで申し訳ない。と言っても左隣のねえちゃんには何度もサイリウムで頭ボコボコやられたのでちったー自重せい!という気持ちもあるんだよね…笑

終演は22時5分。この規模だと会場退出は混まずに抜けられるのは良いですね。3万人だとこうは行かなかった。駅前のんびりしてたら、終電が22時半過ぎという事実に気付いて急いで駅へ。会場ではアンコール前に帰っている人も何人か居たけど、予定通り始まってれば問題無かったわけで、そういった人たちには返金しても仕方ないレベルだろ~。内容的には1時間押しも忘れるぐらいの出来だっただけに、これはちょっと残念である。

4月には横浜アリーナ2DAYSも決まり、SSAを乗り切った勢いで臨みたいですね。
Perfumeとスフィアのツアースケジュールも被ってなかったのでまさにオイラ得!ありがとう!!

■まいどナタリーさんよりコピペセットリスト

オープニング:「PRIDE」オフィシャルテーマ(メンバー紹介)~overture「ももいろクローバーZ参上!!」
01. CONTRADICTION
02. BIONIC CHERRY
03. 労働讃歌
04. Believe
05. 天手力男
06. 全力少女
07. きみゆき
08. ピンキージョーンズ
~グレートクローバーZ参上!!~
09. キミとセカイ
10. ワニとシャンプー
11. Z伝説 ~終わりなき革命~
12. D'の純情
13. キミノアト
14. words of the mind ~brandnew journey~
15. Chai Maxx
16. サンタさん
17. ココ☆ナツ
18. スターダストセレナーデ
19. 白い風
20. ミライボウル
21. ツヨクツヨク
22.オレンジノート
23. ももクロのニッポン万歳!
24. コノウタ
<アンコール>
25. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
26. 行くぜっ!怪盗少女
27. あの空へ向かって

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/385-ef7251f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。