FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/11/24(木) ALETRED STATES @新宿PIT INN 

年も明けて一週間というのに、マイペースに去年の感想を書いていきますね。
不肖オイラですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

年に一度のアルタードステイツ3days、これが今年初めてのアルタードのライブになるのでかなり久しぶり。初日はピュアトリオという事で3人だけによるライブ。3日間の中でも一番楽しみにしていた日でもあります。

数日前にダクソフォンの作者Hans Reichelが亡くなったので追悼の意を込めてか、内橋さんは初っ端からダクソフォンを使用。ここ5年ほど追っかけている身をしては、アルタードでは使用するのは初めて見ます。過去に一回しかプレイを見た事無いけどこの楽器相当難しいらしいですね。

2set×3曲ぐらいの短めの展開で。ナスノさんの音がいつもよりも厚く良い感じに鳴り響いていたと思います。芳垣さんも金物や横に設置したタライを使ったプレイが多かった。

MCではナスノさんのトークに対し、「長くても良いけどちゃんとオチがあればいいんだよ」と内橋さんが弄る場面もあり。いやまぁ、ぐだぐだ感があってこそのナスノさんトークですよね。

アンコールのリクエストは長い沈黙の後に出てきたLynyrd Skynyrdの「Free Bird」に対して、内橋さんうまく聞き取れず空耳具合にオイラは大爆笑。内橋さん何の曲だか知らないけどとにかく演る、といういつもの流れですね。このFree Bird、サザンロック好きが聴いたらどう反応するか分かりませんが、タイトル通り確かに自由な演奏ではありました。
あと1ヶ月でクリスマスなので、クリスマスソングをリクエストすれば良かったかなと思ったり。

全体的に短く22時半前に終演。翌日もまだまだ続くので初日は腕慣らしといったところでしょう。

おまけ、内橋さんのダクソフォン。全然うまく撮れてないっていう。
ダクソフォン

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/387-3cd28e51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。