スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/12/30(金) Sardine Head w/ 木下弦二 @渋谷クロコダイル 

年末恒例のサーディンヘッドワンマンライブ。10月のライブとはまた別のゲストが入るのも恒例となっておりますが、今年は東京ローカル・ホンクの木下弦二さんという事で、忍野デッドでのアレが再来かとこれまた楽しみなライブでありました。本来ならドラムの方もゲスト参加する予定だったそうですが、怪我の為に参加出来なかったようで残念であります。

山家で忘年会を兼ねてフライング飲みをしてからクロコダイルへ。
いつものファンに加え久しぶりにお会いする方も多数、忍野チームや天空チームも入り混じって大盛況でした。
今回は特にスタンドもにょきにょきで、テーパーはざっと8人は居たんじゃないかな。下手すりゃセクションがある海外バンドのライブよりもテーパー率高いかもしれません。

Set1はいつものように4人のみの演奏。自分が最近通ってなかったせいもあって新曲多し。Leap Frogと名付けられた新曲もオイラはたぶん初めて聴くと思います。
「Romanchica」始まりという初っ端から濃い演奏の中で、出だしで情事さんがトーキングモジュレーター(で合ってるかな?)をぶっかましてニヤニヤものです。そしてハイライトは何といっても後半の「新曲>新曲>River the Wild」の息をつく間もない組曲のような三連荘。

R0011394.jpg

R0011395.jpg

Set2はゲストの弦二さんが加わり、お馴染み「shuffle」から。ゲストが加わる際はこの曲が通過儀式のようですね。
そして去年忍野デッドで披露した「Eyes Of The World」、ジャムを混ぜつつそのまま「Fire On The Mountain」へ。この曲は確か去年の忍野デッドで準備してたものの披露出来なかった曲だったかな。レエナさん入りのアコライブは見た事がありますが、こうして弦二さんヴァージョンもお蔵入りにならず良かったです。
他にはJerry Garcia Bandも演奏しているヴァン・モリソンのカヴァーもあり、弦二さんのボーカルに焦点を当てたSardine Headには珍しい歌モノメインのセットでした。
デッドナンバーでも例えば同じ曲をワーロックスが演奏するのとは全く色が違うので、バンドの個性が表れて興味深いです。

R0011396.jpg

R0011398.jpg


OSGさんの映像。

Bright Side of the Road - Sardine Head with 木下... 投稿者 osugi65

2011年にSardine Headを観た回数はこれで7回。忍野DEADや小田原、静岡といった遠征ライブには都合が悪く行けず、中央線沿線の会場も自宅から遠いので行くに叶いませんでしたが、ナスノさんのtenelevenとの対バンなど新展開もありましたので、2012年もSardine Headを取り巻くシーンが楽しみです。

鰯メモよりセットリスト

Set 1
01.Romanchica
02.Leap Frog
03.Nelson
04.Untitled
05.Untitled
06.River The Wild
07.Soil

Set 2
01.Shuffle
02.Eyes Of The World>
03.Funk Jam >
04.Fire On The Mountain
05.Killifish Dance
06.Ship Of Fools
07.On The Bright Side Of The Road
Encore:
08. Movin'
09.Yellow Tale
10.Blow Ripple

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/393-6b7a5107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。