FC2ブログ

2005/1/7(金) tortoise@リキッドルーム恵比寿 

新年初ライブにして、初トータスです。泣きそうになるぐらい素で凄い感動、とても良いライブでした。

 19:30頃会場入りするとフロアはかなりスカスカで、リキッドって結構広いんだなぁとか思っていたんだけど、20時回った頃には後ろを見るとギョッとするほど人が増えていて満員御礼でしたわ。前から4列目の左手のドラムの前辺りを陣とっていたのですが、ステージはあんまし見えない。背の小さい自分を呪うよー。
 
 20時を回っても始まる気配はなく、15分を過ぎた頃にメンバー登場。
ステージのセットが一風変わっていて、フロント中央にドラムセットが2つ。しかも横を向いていて左右対面に向かい合わせにセットしてある。ステージ右手に鉄琴、左手に木琴。ドラムのバックの中央にシンセ、その左右に弦楽器のギター・ベース。最近ドラムがフロントに出ているバンドが結構多いですが流行りなんスかね。トータスってCDを聴いた感じだとドラムはそんな目立ってる訳ではなくメロディー主体だと思ってたんだけど、このドラムにはライブが始まったのちすげー衝撃を受ける事になりました。

 オープニング1曲目は聴いた事がない曲でした。2曲目は新しいアルバムから「It's All Around You」、コレは知ってるぞ。あとは曲名と名前が一致しないわ、すんません。本編は1時間ちょっとやって21:20過ぎに一旦終了。1回目のアンコールでは3曲、2回目のアンコールは1stの「Tina Cans And Twine」を演奏してライブ終了。全部で2時間弱でした。「It's All Around You」と「TNT」と1stアルバムしか聴いた事がない(あ、ライブ音源はいくつか聴いた事あるけど、例のごとく曲名すら全然分からない)オイラでもこの日のセットリストは半分以上は知っている曲だったので、最近のアルバムからの選曲が多かったのですね。

 トータスのメンバーって何人いるのか知らなくて木琴とかあってパート数が多いから比較的人数も多いんだろうと思っていたのですが、アレを5人でやってた事にまず驚き。というより曲によってパートがチェンジするのね。ドラムは3人で交互に叩いていたし、曲によってはツインドラムだし。ギターとベースも楽器持ちかえてたし。しかも曲の最中にドラムが席を立って木琴・鉄琴を叩いたり、なんというか自由で流動的な編成なんすね。といっても計算された展開でないとこうはいかないでしょ、それがまた凄い所だ。

 それで左のドラムセットでメインでドラムを叩いていたドラマーがまたバカテクでとにかく凄かった。マジでヤバすぎ。終盤になればなるほどドラムプレイが冴えてきて、特に1回目のアンコールのラストの曲のイントロのツインドラムのソロ!この曲が一番気持ちが高揚した!素晴らしすぎて拍手がなりやまなくて、ホント「ブラボー」って叫びたい気分でしたよ。トータスのライブはCDとは全く違って、ドラムの手数と迫力が別物で激しい。2回目のアンコールの「Tina Cans And Twine」がイントロがアップテンポでパンク調で始まって、途中テンポチェンジでノーマルのこの曲へ。ドラムがダブ処理されていて、スネアがカンカン カンと反響してカッコイイ。つーかこの曲のスネアの入り方とかすんごい好きです。

 あと個人的に見せ場だったトコはTen Day Intervalの木琴プレイ。二人並んで連弾のように木琴を叩く様が良かった。木琴・鉄琴もCDよりも迫力があって緊張感のあるプレイでした。右手のドラムのバックに鉄琴がいて、ドラムの腕の振りと鉄琴の腕の振りがこちらから見てシンクロしている場面もあり、狙ってやってる訳じゃないんだろーけどこういうのも凄い好きだな。ドラムと鉄琴って同じ腕を振って叩くものだからプレイに通じる所があるのかもしれんわな。

 友人から「ライブは激しいよ」とは言われてたけど、ライブ音源聴いてもそんなにスタジオ音源と大差ないじゃーん、と思っていたので美メロディーを聴いてユラユラしてるつもりだったのが、フタをあけてみれば渾身のドラムプレイに魅了。コレは本当に凄いっす。
 9日の日曜には新宿タワレコ店でインストアライブ&サイン会があるそうなので、無料で見れる機会だから暇人は行くべし!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/40-3f0daaab