FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/2/8(水) Tedeschi Trucks Band @渋谷公会堂 

一昨年、デレクトラックス&スーザンテデスキバンド でデレクの嫁スーザンを交えてのフジロックのショウも記憶に新しいですが、今回はテデスキトラックスバンドと名義を変えての来日となりました。
会社を早退して渋谷へ急ぎ、足早に宇田川交番の通りからハンズの横を登って渋公へ。

今回は前から14列目の左側のブロック。後ろが通路だったのでだいぶ気楽にライブを楽しめました。

ホーン隊3人やコーラス2人も含めた11人という大所帯。ギター以外のパートやスーザンやコーラスの歌が前面に出る場面も多く、ブルースやサザンロックより何となくソウル寄りに感じたり。
とにかく人数が多く巧みなプレイヤーばかりで、アンサンブル重視。そして、みんな必要以上に力は入ってなくて、余裕しゃくしゃくな感じです。手の空いたメンバーは袖に引っ込んだりと自由に出入りしていましたね。

DTBと比べてデレクのギターはスーザンに寄りそうように抑え気味に感じましたが、ソロでは爆発して心地よいスライドギターを聴かせてくれました。
スーザンは歌は元よりギターの腕前も予想以上で、ギターソロを取る場面でも体を反りながらガッツリと弾いていました。すいません、ギターの腕前を舐めてました。でも個人的にはギター持ってない時の歌に専念しているパフォーマンスの方が好きなんだよなぁ。終盤の曲でキメのフレーズに合わせて腕を振ったりとか、あーゆーのも良かったよね。

デレクはとにかく寡黙にギターを弾いていましたが、ずっとスーザンの方を体に向けていて、こっち側向いて弾く事なんてほとんど無かったよね。
終演後に仲間が「地蔵」って言っていたのが妙にハマります。
デレク自身のステージパフォーマンスには確かに華は無いけど、その分スーザンが受け持っているからバランスの良いお二人ですね。まったく、ステージ上でギターを通していちゃこらなんて良いご夫婦だよ!

他にパフォーマンスで特に目を引いたのは、ベースのオテイルとトランペットのモーリスブラウン。オテイルのベースはジャズっぽいスタイルに感じました。前に出てる時の弾き方は個性的だし、ドラムソロの時もドラムの裏に回って何か叩いていたみたい。
ペットの人は自分のパートの時以外は自由に動き回っていて、ステージの端で軽やかにペットを回しながら踊っていた姿が印象的でした。ノリノリで踊っている姿は見ているこっちまで楽しくなります。

多少なりスタンディングで見る人がいるかなーと思ったけど、自分の観測範囲では、前方に突っ立ってる男性と右側に曲によって立っている女性以外にはそう居なかったかな。アンコールではもちろん総立ちでしたけどね。後から聞いた話だと、スタッフだけでなく客にすら邪魔だと注意された人もいたと聞くので、立ちたい人・座りたい人両方ともうまく共存出来るライブシステムを考えていきたいですね。お堅いウドーじゃ柔軟な対応は難しいと思いつつ。

帰りは鳥貴族に寄るも混んでいたので、結局2days龍の髭となりました。二日間食べすぎました(笑)。


Member:
Derek Trucks(g)
Susan Tedeschi(vo, g)
Oteil Burbridge(b)
Kofi Burbridge(key, flute)
Tyler Greenwell(ds)
J.J. Johnson(ds)
Mike Mattison(Cho)
Mark Rivers(Cho)
Kebbi Williams(sax)
Maurice Brown(tp)
Saunders Sermons(tb)

■セットリスト
01. Don't Let Me Slide
02. Everybody's Talkin'
03. Midnight In Harlem
04. Rollin' And Tumblin'
05. Until You Remember
06. Bound For Glory
07. Learn How To Love
08. Stevie Groove (Band Intro)
09. Nobody's Free
10. Darlin Be Home Soon
11. That Did It
12. Uptight
13. Love Has Something Else To Say
- Encore -
14. Sing A Simple Song > I Want To Take You Higher


TTBのオーディエンス音源に関して,こちらのエントリーにまとめてあります。
Tedeschi Trucks Band ジャパンツアー終了!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/407-7fe97d87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。