FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/2/17(金) ROVO @横浜Thumb’s Up 

2008年のマンドラぶりのROVOの現場になります。あの時に起きた出来事がずっと心にの奥に引っかかっていてトラウマ気味にROVOのライブから足を遠ざけていたのだけど、久々に行ってみようと思ったのが去年3/11のサムズアップでのライブ。
一応念の為に書いておくと、あの時マンドラのステージ自体に何かあった訳ではなく出演者は本当に良い演奏をしていたけど、酔っ払いだらけの野音の雰囲気に本気でウンザリしてしまった。タチの悪い酔っ払いはほんの一部かもしれないけど、楽しみに行く場でまたあんな気持ちになるのはイヤなので長い間避けてました。

結局去年のサムズは日付を見ての通り震災で中止になり、約一年経った今やっと実現。当時、震災直後は「今日のライブ大丈夫かな、帰り道の途中だから寄るだけ寄ってみよう」なんて呑気に考えていたものである。結局横浜すら辿り着けなかったけどね。

限定200人のオールスタンディングのライブ。整理番号は気合を入れての10番台だったので、悠々と左スピーカー前のレールをゲット。ステージ前は椅子をレール代わりに設置して、そこには普段PIT INN等で見掛ける面々も居らしたり。最初余裕があったフロアも開演10分前になって急にぎゅうぎゅうになり、それでも普段のライブハウスよりは余裕がある感じですね。

都内近郊で行うライブハウスと比べ天井が低いので、下北沢辺りの地下なライブハウスで演奏している感があってとても良かったです。それにしても爆音。スピーカー傍にいたので耳がヤラれました。

最近の曲は全くチェックしていないので、馴染み深い「Loquix」「Sukhna」「Sino」「Na-X」以外は全く知らない曲。セットリスト的には知ってる曲と知らない曲で半々。
ジャズロック的なアプローチの曲や上物のヴァイオリン・ギター・キーボードがそれぞれを追っかけるようなフレーズの曲や執拗な7拍子の曲など、知らない曲も興味深く聴けました。
山本さんのカッティングが冴える「Loquix」はROVOの中でもいっとう好きな曲なのでとても嬉しい。
自分の立ち位置が益子さんのキーボードのモニター音が直撃していたのもあって、通常と音のバランスが全く違って聴こえ、それもまた新鮮でありました。
芳垣さんは遠いかなーと思ったけど逆に対面に自分の向かって正面に見えたのでグッド。
何度見ても芳垣・岡部のラインはほんとに最強にして最高!お互い目配せしながら一挙一動を注意深く窺っているのがね、見ているこちらもついニヤニヤしてしまいます。
山本さんは椅子を用意しての立ったり座ったりでギターを弾いていたけど、比率的にはスタンディングの方が多かったかな。

アンコール前に引っ込む際に芳垣さんが赤く蒸気して疲労している表情というのは普段PIT INNなどではお目にかかれない。渾身のドラムだったからねー。
勝井さんも黒いTシャツが見る見る汗で濡れていき色を変えていったのも印象的でした。

アンコールは芳垣・岡部両氏によるドラムデュオからスタート。芳垣さんはスティック片手2本持ちでハイハットを上下に挟み込んで叩いたり、フロアタムの上に片足のっけてトーンを変えながら叩いたり。小さいハコでこそ二人のドラムデュオが栄えるんだよね~本当に。

ライティングはサムズ仕様で極めてシンプルながらも曲とのシンクロ率は100%で、曲のビートに合わせてフロア上に円形にセットされている電球を順繰りに点灯していく場面もあり、サムズで見たライブの中でもライティングはフル稼働でした。このシンプルなセッティングでもこう魅せる事は出来るのですね

名古屋の得三辺りだと同じような雰囲気で見れるかもしれないので、今後は都内近郊で見るよりは遠出も選択肢に入れてみようかなと思ったりでした。

1.Eclipse
2.Loquix
3.MIR
4.RMD
5.Sukhna
6.Sino Dub
7.D.D.E.
Encore
8.Drum Duo > Na-X

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/409-3281c26f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。