FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/2/25(土) きゃりーぱみゅぱみゅ - もしもしクアトロ @渋谷クアトロ 

土曜出勤日だというのにスタートが18時という設定で、週末だからとはいえちょっと早いよねぇと思いながら会社を早退して渋谷へ。
客層は中高生や大学生らしき世代が大半、中には子供連れの親子もいたり。男性は学生からヲタまで幅広い層がいましたが、女の子はみんなオシャレでカワイイ。いつもオッサンばかりのライブばっかりなので、この雰囲気だけでもほっこりです。
ステージ右の一段上がっているブロックは関係者席になっていたので、集客は会場のマックスではないですね。

ステージは「PONPONPON」のPVの世界を再現すべく、オブジェがステージの左右にセットされていて、「非日常空間をコーディネイト」みたいな事を言っていたかな。途中のMCできゃりたんがベッドの横たわったり、ラストでは左手の馬がぐるぐる回ってたりといったギミックもあり。
きゃりたんの衣装もアンコール込みで4回衣装が変わり、ピンクの白雪姫風だったり大きなリボンが頭に付いていたりとかわいく、どれも不思議の国の姫な雰囲気。リアルツインテールを生で見掛けたのは初めてかもしれんです。

衣装変えのタイミングでバックトラックに合わせてバックダンサーのみが踊ったり、ステージのスクリーンにきゃりたんの顔をモチーフにした映像を流すなど、少ない持ち曲ながらきゃりたんご本人以外にダンスやVJといった視覚的にも楽しめる要素を加えての構成。このインストはクラブ映えしそうな部分だけど、悲しいかなガツガツ踊っている子は少なかった。てっきり中田ヤスタカがライブ用に書き下ろしたトラックだと思っていましたが、Capsuleの曲だったのね。

本編ラストは「つけまつける」のサビの振り指導が入ったけど、オイラは全然覚えられないや(笑)
きゃりー自身も「「まだ曲が少ないんですよ~。」というぐらいでサクッと終了。ミニアルバム1枚ととシングル2枚だけで持ちネタは少ないのは承知なので、本編60分の尺はもった方でしょう。尺に関しては変な寸劇を入れたりPerfumeさながらの30分ぐらいのMCを設けたりっていうワザも無きにしもあらずだけど、これぐらいが丁度良い。

capsuleの曲の使用などヤスタカ氏のPerfumeよりもライブに対して協力的な面も見えるかな。実際彼がライブにどこまで関わっているか分からないんだけどね。全面プロデュースなのでしょうか、さてはて。

アンコール時にはアメリカで行われたライブ風景の映像も流れ、そのライブでは大半のオーディエンスがカメラや携帯を掲げて動画を取っているのがとても印象的でした。日本よりも半端ない。日本もこれぐらい自由だったらと思う反面、あれはさすがにウザイかも(笑)。

アンコールは4月に発売される新曲「CANDY CANDY」を披露、一回しか聴いてないから何とも言えないけど過去の曲よりはフックが弱く中毒性は低いかな。
最後は再度「PONPONPON」で締めでした。本編60分、アンコール20分といったところでした。

モデル上がりだからさすがの女子人気だし、その風貌とキャラクターと中田ヤスタカの楽曲でライブも全体にライトでポップな仕上がり。ライブにガチ本気で特攻するのでなく軽く楽しめるっていうのはある種強みにも思いますが、今後どこまで大きくなれるか~というのは興味を示すところですね。

■セットリスト
01. PONPONPON
02. チェリーボンボン
03. スキ過ぎてキレそう
04. Jelly(capsule)
05. きゃりーのマーチ
06. ピンポンがなんない
07. RGB(capsuleカヴァー)
08. ちょうどいいの
09. でもでもまだまだ
10. きゃりーanan
11. つけまつける
Encore
12. CANDY CANDY
13. PONPONPON

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/410-ff9c12f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。