FC2ブログ

2006/11/08(水) Sardine Head @ 渋谷クロコダイル 

風邪を引いてたぶん多少熱もあったであろうし体調はあまりよろしくなかったのだけれども、大阪ライブの興奮を忘れられずダルダルな体にムチを入れてSardine Headを見に渋谷へ。

19時過ぎに到着。会場にはまだVEGOOSE帰りのY氏しかいなかったが、しばらくすると続々と顔なじみが到着。

そしてMeltoneは予定より10分~20分ほど押してスタート。
久しぶりにみるMeltoneは打ち込み音をふんだんに使ったベタな4つ打ちロックになったような印象を受けた。
もちろん4つ打ちはあったりなかったりなんだけど、メロディーやら全体的な印象やらに妙に80年代臭さを感じてしまうのはオイラだけでしょうか。
ラストの曲は初めて聞いたけど、この曲こそがそういった懐かしい感じが一番色濃く出ていた曲でした。

この日は体調の悪さを言い訳に録音機材は持って来ず、
レコーダーのR-9だけを隊長のDATにパッチさせてもらった。
オイラの通常の機材はプリアンプもないし他の人と比べると全然軽いのは承知なんだけど、機材があるより手ぶらでライブ遊びに来るのは心持ちもなんだか軽く感じるわな。

Sardine Headが始まる頃にはテーパーがワサワサワサとステージ前のテーブルでオンステージ録音する為に作業中。
あいかわらず日本で一番テーパーが多いバンドだw。
会場の中には最近発売になったZOOMのレコーダーを持っている人が二人もいて、その内臓マイクで録音をしようと試みていた。
このZOOMのヤツ、SONYのアレみたいにマイクが付いてるんだよね。
オイラとしてはマイクいらないからもっと安くならないかなーと思う。

スタート前にドラマーの小林さんから彼らのニューアルバムを購入。やっと買いましたよ~~。

最初の曲はニューアルバムのタイトル曲でもあるShuffleから。
3連のリズムに乗りリフを延々と繰り返す曲なんだけれども、一方のギターが妙に絡んできたり途中でドラムが暴れたりと一筋縄ではいかないので飽きる事はまず無い。

そして間髪入れずにFunk、38 Piecesと続く。
次のYellow Taleからゲストのアラジンさんがドラムで参加する。
このゲスト参加があったからこそオイラは無理にでもライブに来てみた訳なんス。
そしてこのツインドラム編成、期待以上の出来でドラムの破壊力が一層と増す。
Chi Chi Boooooなんて二人のドラムバトルが大迫力ですよ、えぇ。
続くTrick Cyclingはリズムを強調するようなアレンジに変えていて面白い。

今回のTrick Cyclingのように”出来た曲を一度壊して再構築”するようなアレンジを多々使っており、彼らのライブは毎回違くて同じライブって二度とない。
その部分を含め彼らのライブは今一番のお気に入りなんだな。
でもSardine Headに”ジャムバンド”と使うのは非常にナンセンスだと思うんだよね。

次のHalf Sunsetもツインギターが盛り上げて繋いでの終盤のツインドラムソロも圧巻。
ドラム祭ですよ、こりゃぁ。
ドラムソロだけでなく全体的に見てもハイハット・スネアを叩く微妙なズレがROVOのツインドラムを彷彿させる。
このポリリズム感スゲー大好きなんだよね。

この曲でアラジンさんは退場、Block Signalで本編終了。
そしてもちろんアンコールがある訳なんだけど、アラジンさんを含めた5人で低空飛行なインプロから入りシャッフルの終わりのフレーズが飛び出て来る奇怪な曲。
序盤ではアラジンさんが立って小林さんのドラムセットのシンバルを叩いたりと茶目っ気をだす。
そして最後にLoop。コレも中盤から終盤にかけてかなりの炸裂具合でいやいやカッコいいわな~。

遊んでいたら風邪の具合も大分良くなったしw、ともかく行って良かったス。大満足。
次回は12/15に新宿だとか。これまた楽しみです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/56-7a7086ac