FC2ブログ

2006/11/23 ERIC CLAPTON @ 日本武道館 

元々クラプトンには興味ある方ではないんだけど、今回のツアーメンバーには若きスライドギターの名手、デレクトラックスが参加。
彼に興味津々はオイラはとりあえず参戦デスヨー。

ライブの日程が勤労感謝の日という祝日のせいか、開場16時、開演17時というなんとも早い時間。
普通に出勤日だったけど、しょうがないから有休を取ってみたよ。

まずは隊長と14時半に新橋で落ち合ってキリンシティーで一杯。
まだ早い時間だというのにダメな大人だなぁ。

16時過ぎには九段坂に着いて、沢山の人の群れにワクワク。
「おまえら、みんなクラプトンか~?」と新橋の駅辺りから乗客を見ながらつぶやいている隊長にはちょっと恥ずかしかったけど、ここまで来ればみんなクラプトンを見に行くに間違い無いってヤツですな。

武道館の前まで来ると、どうやらザッと手荷物検査をしている様子。
ボディチェックまではしてなかったから、とりあえず荷物をざっと整理して会場の中へ。

今回は南西のNという席番号で結構左寄りな場所だったけど、目の前が通路だったのでマタリと座る事が出来た。
ウドーの先行予約でチケを購入してくれたM氏は先に来ていた。
旦那のK氏はやはり時間を間違えていたようで急いで家を出たからギリギリになるかもや、との事だったが思ったより早く到着して一安心。
まずはビールを飲みながら、スタートをのんびり待つ。

17時10分過ぎにスタート。
やはり武道館は広い。
ステージ上全体を見下ろせるのはとても良いが人間がとても小さく見れる。
ライティング&VJはふんだんに使われていた。
音もなかなか良いんじゃないのかな。

中盤にはクラプトンは椅子に座ってのアコースティックセットも挟みつつ、終盤にはレイラでわっと盛り上がる。
アンコールは一曲のみで2時間弱で19時過ぎには終わったのでした。


と、悪い要素は全くないんだけど、どうしてもテンションが上がらないオイラがいましたよ。

クラプトンに関してはCM等で使われている超有名曲とアンプラグドを1枚聴いたっきりであまりよく知らないというのも問題なのかもしれないんだけど、ちーっともワクワクしない。
御大という事でそれなりに期待していったのですが、随分とアッサリしたライブだったなぁ。
中途半端に酒を飲んだせいか途中でウトウトしてしまったし(苦笑)。
もちろんレイラが大好きなオイラはあの瞬間はテンション上がりましたが、それっきりでしたねー。
ちなみに、周りは大人しく座って観ているんだけど、レイラの時ばかりは何人かスタンディングしていました。
レイラの時のクラプトン、ちょっと声つらそうでしたね。

目当てのデレクのスライドギターは冴え渡っていましたよ。
御大を差し置いてガンガン前に出る訳にもいかないながらも、結構見せ場はあったんじゃないかな。
来年は是非自身のバンドでの来日を期待!!

という訳でオイラにはちょっと敷居が高かったような感じのするエリック・クラプトンでした。
家でCD聴いてるぐらいがちょうど良いような感じではありますが、
まぁ“体験”としては良い体験を出来たのではないか、と思う事にします。


以下、セットリスト転載。

ERIC CLAPTON JAPAN TOUR 2006
23.Nov.2006
Tokyo Budokan, Tokyo, Japan

01. Tell The Truth
02. Five Long Years
03. Got to Get Better in A Little While
04. Old Love
05. Motherless Children
-----------
- Sit Down Set -
06. Driftin' Blues
07. Key to The Highway
08. Outside Woman Blues
09. Nobody Knows You When You're Down and Out
10. Running On Faith
-----------
11. After Midnight
12. Little Queen of Spades
13. Anyday
14. Wonderful Tonight
15. Layla
16. Cocaine
- Encore -
17. Crossroads

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/60-023f3486