FC2ブログ

2007/3/31(土) 中村まり @ 四谷pocotan 

一週間前の飲み会の時に「来週中村まりがワンマンをやるんだよ」という情報を教えて頂き、家帰って調べて早速予約してみた。
中村まりは去年のリキッドへブンで見たんだけど周りがガヤガヤしていて全然聴こえず、リベンジの機会を伺っていただけにこのワンマンはちょっと嬉しいライブだ。

オープン20分ぐらい前に到着して一番乗り。
良い席ゲットだぜ~と思ってたら予約した順に並び替えられて、しかも会場内は椅子に自分の名前が貼っていて席が決まっている始末。
早く行った意味ねーじゃん、コレなら何処かで食事してノンビリ行けば良かったわ。
この日はソールドアウトしたようで、ステージ前のスペースに詰めるだけ詰めてみました、といった感じでそこの場所だけ人口密度高くてぎゅうぎゅう。
でもまぁ、かぶりつきで見れるならまだ良いよね。
オイラは予約するタイミングが遅かったせいかテーブルが無い席で、その密集部分より少し下がったセンターな位置。
なかなか良い席じゃないの~。

Guitar Music Barという場所だけあって、ステージ後方にはギターが何本もかけられていた。
壁にも色んなギターリストのジャケが額に入って飾ってあり、ここのマスターの音楽に対する愛を感じる。

んで、実質ちゃんと観るのは初めての中村まり。
ギター巧い、歌巧い。巧いというか渋い、渋い。
オイラの2歳上の姉さんでありますが、この若さでカントリーやブルース、フォークといった部分をフューチャーするのはかなり渋いぜ。
そして、凄い良い雰囲気出しているなぁ。

45分×2set。
Doc WatsonやTom Waits、Paul McCartney、Misissippi John Hurtといったカヴァーも含め全20曲。
アコースティック系だと、抑揚が少ないので途中でちょっと眠くなりかけたけど、凄い良かった。
set2のアタマではブルースハープを吹きながらのプレイもありで多彩なプレイですね。
10代の頃にアメリカに住んでいた事もあって英語も上手だ。

会場ではライブ情報を教えてもらったp氏の他にTカップルやBレコードのD氏といった面々に出会い、思ってもみない場所での遭遇。
やっぱりみんな好きなのね~~。
自主制作盤が500円との事なので早速購入。
ちなみに2ndアルバムはよくライブでお会いするあるエンジニアの方のお仕事らしいので、そちらの方も興味ありです。

決してメジャーには成り得無い、例えなったとしてもバカ売れするアーティストでは無いけれど、セールスとは関係無く本当に良いッス。
最近は精力的にいろんな人とジョインするようで、今後の動向も楽しみですな。
特にエイモス。
うわ~、どうやってエイモス御大と絡むんだろう。観てみたいス。

何故かサーディンファンにはまり嬢のファンの方が多いので、いつかその二つのバンドの対バンが実現したら面白そうだな~ なんて思ったり。
機会があったら、是非ご本人とお話しして録音の許可をもらい、ちゃんとテーピングしてみたいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/84-25687ca3