FC2ブログ

2007/4/13(金) Altered States @ 新宿PIT INN 

最近ハマっているアルタードステイツのライブです。
去年のPINK FLOYDコピー大会以来ですがその間も芳垣さんや内橋さんのライブは何回か見ていて、アルタードステイツへの期待は高まるばかり。
ぎゅうぎゅうになるかな?と思っていたけど、椅子席が埋まるか埋まらないか程度の客入りで見ている方としてはゆったりと見る事が出来て良かった。
会場内にはいつもサーディンで会うけどアルタードでは初めて会うHKさんやJTさんの顔もあり、ライブ終わった後の反応がちょっと楽しみだったり。

最初の一曲から25分ぐらいの長尺な曲で始まり、静かな出だしからじょじょに調子を上げていき炸裂、そして空中分解を起こしてすぐにつぎの展開にいく。とにかく飛ばす、飛ばす。
序盤芳垣さんは金物系の音を多用し、内橋さんのフレーズの一部にはジャーマン臭さを感じた。
ぐあぁぁーと上がっていく場面にとても引き込まれるわ。
一曲の中に起承転結には収まらない転転転な展開がいくつもあってとにかくスゴいわ。

一曲目が終わると、内橋さんは唐突に「誰か僕にベルトを貸して下さい、最近痩せたんです」と。
結局スタッフの方が貸していましたが、微笑ましい一面でした。

そして二曲目も25分ほどの演奏。
一曲目よりは比較的ゆったりなテンポの曲で、この曲が終わって1st set終了。

そして2nd setへ。
「ベルトというものはいかに大事なものかということを」とベルトの事を引っ張ったMC。
メンバーにもベルトをしているのか、と聞いたり腰パンの話になったりと和みトーク。

一曲目は大まかに3回ぐらい大きく展開が変わっていたので、メドレー方式でそこで曲が変わっているのかと思っていたんだけど、そこは即興たる所以。これで一曲40分だった模様。
めぐるましく展開が変わっていくなかでも各メンバーの見せ場的なものもあり、長尺な曲をうまくまとめきる3人の力量に脱帽ですよ。
そのかわりに2曲目は4分ぐらいの曲、ゆったりとした定型フレーズをかき鳴らしていく曲。
その後メンバーを紹介しながら間入れず次の曲へ。
最初からアップテンポで珍しい感じ。こーゆー曲はストレートながら普通にカッコいい。

アンコールは客にリクエストを募っていたけど、いきなり言われて何やってくれと言えばいいんだろうか。
ふとアタマの中に「クリムゾンの太陽と旋律」と思い浮かんだが、このトリオ編成で出来るのかしら~なんて思いながらも、内橋さんは「僕らのライブには女性少ないので~」と前の方の席に座っている女性をご指名。
(そこんとこは是非オイラを指名してくれればな~、くそぅ、なんて思ったりも・笑)
そして困った女性が口にした言葉は「すみません」の一言で。
「じゃぁ、すいませんの曲を」と内橋さん。
妙にコミカルなギターフレーズが端から聞いて「すいません」と言ってるような。
このユーモア感もさすが関西人といったところかな。

山口では、木綿のハンカチーフをやったようだけどどういう風にやったのか非常に気になる。
まさか、内橋さんボーカルとったのかな。

あと、メンバーに言うよりフライングでライブのMCでの告知であったのか、「18周年記念アルバムにライブ」という事。
メンバーからは聞いてないよ~とお二方から攻められる始末で、内橋さん困ってましたが。
今年も秋から冬にかけては、なんかしらのアクションがありそうなので楽しみであります

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/87-a3f76e0e