FC2ブログ

2007/5/3(水)・4(木) 忍野DEAD 2007 @ ハートランド朝霧 

日本のデッド界隈のコミュニティーでは定評のあるイベント、忍野DEADでございます。
オイラは今年で初参加。
みんなとても気持ちの良いイベンドだ、と口を揃えて言うのでとても楽しみにしてました。

G.Wの真っ最中なので行きは大渋滞。
中央道の八王子で降りてのんびり下道を走っていたけど、こちらも途中から大渋滞。
高尾山から相模湖へ抜ける道が一本道で全然動かない。
チャリンコや徒歩の人にまで抜かされて行く始末です。
結局朝霧まで10時間かかったもんで、素直に高速乗っていれば5時間ぐらいで着いただろうなぁ。

到着した頃には16時を回っていて、ステージではフリーキーセブンが演奏していた。
地面の草はすでに夜露でほんのり湿っていて、スゲー寒いのなんの。
ちゃっちゃかテントたててマイクスタンドたてて防寒具着込んで、なんて知り合いにもまともに挨拶している余裕も無く、到着してそうそう慌ただしい事この上ない。
音の準備は朴保BANDには間に合ったものの間違ってmp3で録音してしまった。うがっ!
続く一日目のトリのAKETOはこの手のバンドにしては珍しいヘビィなサウンドだった。

メインステージの音出しは20時過ぎで夜の部は室内へ。
こちらではCATCH & RELEASEが2セット演奏。
その頃オイラはお湯割り&ワインですっかり出来上がっていた。
キャッチリは基本デッドのカヴァーなんだけど、一曲目はSCIのカヴァーで上がるわ。
セットブレイク中には牧場主の監督が登場し、とにかく凄い酔っ払いだ。
若干やりたい放題の感はあったけど、あの陽気さを目の辺りにすると憎めないよね。

某テントでNさんの還暦祝いをやっていたそうで、赤いキャップに稲妻印の赤いちゃんちゃんこを装着してライブを楽しんでいた。
こりゃすごい。

1日目のライブが全部終了して、おのおの自分のテントへ戻る。
お隣テントのIさんにカレーと肉を頂いて談笑。

imgddac8ee3zik5zj.jpg

しばらくして静岡テントに遊びに行ったり、自分のテントの近隣の方と話したりして4時ぐらいに就寝。


そして二日目。ばっちり二日酔い。
吐きこそはしなかったけど、かなりウゲーな感じですよ。
12時まではライブがスタートしないので、会場内をふらふらふら。
そして、今回念願のzさんとご対面。
名前しか知らない人、顔しかわからない人、いつもライブでお世話になっている人などなど、日本全国からいろんな人が集結しているから面白い。

そして12時からダチャンボ。

img90a94083zik4zj.jpg

椅子に座って真面目に聴いていたんだけど、あまりの体調の悪さに途中から寝てしまった。
ふっと目が覚めるともう終わるところ。ありゃりゃ、少し見逃してしまった。残念。
しかしダチャンボも相当タフだよね。
前日は長野でライブ、夜中に朝霧に到着して、また夜は横浜でライブだ。
鬼のようなスケジュールの中、良いライブをありがとう。

ここで一度お昼寝。
ちょっと体力が戻ったところでショップを探索したりアイスクリームを食べたり、ぐだぐだに過ごす。

imgd21afaf6zikbzj.jpg
後方の高台から撮った会場の様子。

imgfbaf90aczik9zj.jpg
後ろを向けば富士山がとても近い。

二日目のトリのチナキャッツ。ちゃんと見るのは初めてで思ったより全然良かった。
後ろの方でファイヤーダンスが始まって、暗闇の中に炎が映える。

imgbae1e391zik5zj.jpg img612b3f57zik7zj.jpg

チナキャッツが終わったところで、オイラの忍野デッドも終了。
翌日は野音があるので、ここで片付けをして帰宅。
かなり後ろ髪ひかれたけどしょーがない。帰るのが惜しいぐらいすごい楽しかったです。
でも二日目は全然お酒飲めなかったからなぁ、やっぱ元気が一番だね。


結局ステージ前にいかなくてもテントんとこで音は十分楽しめるし、まわりの皆はキャンプの達人が如くの素敵装備でキャンプ慣れしているなぁといった印象。
とにかく自由でのんびり楽しいよね。
何より天気が良かったのが素晴らしい。
録音しているとどうしてもタイムテーブルに追われるので、こりゃ録音なんてほっぽいて遊ぶのが正しい楽しみ方だね。
こういった時は制約無く存分に楽しまなくちゃダメだーと痛感したイベントでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/91-b7af108a