FC2ブログ

2007/5/5(土) MDT FESTIVAL 2007 @ 日比谷野外音楽堂 

act : Rovo / Special Others / Flying Rhythms

毎年恒例ROVO主催のマンドラ@野音です。
去年はチケットまで購入しておいて体調不良で行けなかったので、2年振りだ。
対バンがフライングリズムにアザーズという事で、
若干政治的な面が見え隠れしているような気がしないでもないんだけど、
まぁそれはそれでね。

前から二つ目ぐらいのセンターのブロックを確保する。
一番手はFlying Rhythms。
左側の日本人はドラム、右側の黒人はパーカッション、
そしてステージ場には姿を表さずにダブ処理を施す内田さんの3人組だ。
名前は前々から知っていたけど今回初体験。
約40分のセットを途切れなく続けていく感じで、思っていたよりは良かったかな。

二番手はSPECIAL OTHERS。
こちらも先日のリキッドで観たので特に代わり映えもなく、野外という事で開放的な感じ。
前の方は結構盛り上がっていたかな。
アザーズタオルを掲げている人もいて、オイラも真っ白いタオルで真似してみた。
終盤の方でドラムの人が右手でドラムセットを叩き、
セットの左側に用意してあるボンゴを左手で叩いていたのが目をひいたかな。

んでトリのROVO。
ROVOが始まると出音が格段と大きくなった。
野音だと長尺な曲やアンビエントなセッションが合間に入ってダレる事が多いんだけど、
今年はコンパクトな曲を中心としたセットで終始ノリノリでした。
今まで聴いた事がない曲が結構あったので、新曲中心のセットだと思われ。
これらの新曲は山本さんのギターが全面に出ていてグッドですよ。
久しぶりに山本さんがあんなに弾いているのを見たような気がする。

img30603da9zik2zj.jpg

軽やかなリズムに山本さんのギターフレーズが乗っかっていく曲やノリノリトランシーな曲など、
展開的には既存の曲とあまり変わらないけど、
去年一昨年ぐらいのワンパターン化していた一時期のROVOに飽き飽きしていたので、
これは良い感じです。
結局後半はいつも通りに後ろに行って飲みながら踊っていたけど、楽しかったなぁ。

始まった時はまだ明るかったんだけど、
どんどん暗くなって照明が映える演出はいつ観ても素敵だ。
VJよりも照明がメインだったのも良いス。
そして最後はUFOならぬユニコーンが降臨。

img18b7c459zik4zj.jpg


いやいやぁ、楽しかったです。
今年のROVOは良い感じかもー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/92-1fe58486