FC2ブログ

2007/5/7(月) BRAHMAN / DACHAMBO @横浜CLUB LIZARD 

ブラフマンとダチャンボの2マン、なんだこの取り合わせwww。
という事でG.Wの休み明け一発目に中華街近くのリザードへ。

フロアへ入るとブラフマンだと思われる客が所狭しとワサワサワサ。
うひゃー、こういう雰囲気すっげー久しぶりですよ。

最近変ちくりんなライブばかり行ってるし音楽の趣味も以前と大分変わったけど、BRAHMANは今も昔も変わらず好きなアーティストの一つ。
2、3年前は結構彼らのライブ行ったけど、ここ最近は全く行っておらず。
観るのたぶん去年のフジロックぶりじゃないかな。

例のSEが始まるとファンがこぞって前へ前へ。
おかげで後方は思ったよりスペースがあったので助かった。
最初出音のバランスがすげー悪かったけど、途中から多少解消されたかな。
最近のシングルの曲や一番新しいアルバムの曲が中心で、昔の曲は少なめ。
初披露の新曲も一曲やったみたいなんだけど、最近のシングルも聴いてなかったから知らない曲が数曲あった為どれだか分からなかったわ。
今回のライブではCAUSATIONのシングルに収録されているFIBS IN THE HANDSを聴けたのが良かった。
このメロディー結構好きなのです。
前の方はモッシュ&ダイブでオイラもたまには暴れてみたい気もしたけど、本日もOn Headな感じだったので後方で若干踊る程度で我慢。

しかし、冷静に観てみると演奏が粗いなぁ。
もちろん前々から分かりきっている事なんだけど、こうズレると暴れずに聴いている方としてはちょっと「うわぁ~」と思っちゃうもんだね。
ライブにムラがあるのは久しぶりに観ても変わらないところか。
ハコの出音も良い場所ではないので、まぁそれなりにっちゅー事で。
今度はワンマンを観に行きたいけど、チケ争奪戦が大変なんだよね。


セットブレイクで客層がごっそり入れ替わった所でダチャンボ。
最初の方はブラフマンファンも半分ぐらい残っていたけど、少しずつ減っていきましたがな。
演奏が始まると随分と先ほどと雰囲気が変わって面白い。
ゆるゆるな感じで演奏がスタート。
1時間にして3曲という、まさにブラフマンとは対極ですな。

ダチャンボもここ2週間ほどで3回も観ているのですが、なかなか良い感じです。
時間が短かったせいものあるけど、ステルスで録音していたのでダチャンボを最初から最後まで全部しっかり観たのたぶん初めてだ(笑)。
飽きる事なく真面目に観てましたよ。
いつもはもっとガツガツなイメージだけど、ここ最近はゆるい雰囲気のセット内容でオイラにはこれぐらいがちょうどいいや。

そして22時頃終了。
横浜でこの時間に終わるのは非常に楽ですね。

イベント的には二つのアーティストの対比が面白かったです。
どちらもの好きなアーティストでありますが、共通のファンは一体どれぐらいいるのか?という疑問はありますな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nt4.blog17.fc2.com/tb.php/93-f0adae5b